早めに探して使いだそう

一口に腰痛と言っても、さまざまな理由で痛みを発症していると考えられますので、それぞれの症状に合った腰痛改善グッズを選ぶのが大事です。例えば、長時間のデスクワークで腰が痛いという場合は、腰をまっすぐにサポートしてくれるクッションを選ぶ必要があります。また、腰の痛みが長時間座ることで緊張する臀部の梨状筋のコリから発生している場合は、梨状筋が凝らないように点で支えるクッションや、低反発でやさしくお尻全体を包み込むようなクッションも、腰痛改善グッズとしては効果的です。

 

骨盤のゆがみから腰痛を発生している人は、骨盤の位置を正しい場所へといざなってくれる形をしたクッションが、腰痛改善グッズとして最適だと言えるでしょう。骨盤はゆがんだり、ズレたりしやすいものの、適切な矯正グッズを用いることによって、また正しい位置に戻せるという特徴もあります。そのため、骨盤をキュッと引き締めたり、座るだけで骨盤を正しい位置へいざなうことができるクッションがあれば、骨盤の不具合から起こる腰痛を改善することができます。

 

腰痛改善グッズとして、クッションはもっとも手軽であり、毎日使う必需品となりますので、しっかりと吟味して選びたいところです。もし、正しい選び方がわからないというのであれば、腰痛改善グッズとしてクッションを取り扱っている店に行けば、いろいろと教えてくれるでしょう。値段もお手頃な物から高額商品までそろっていますので、実際に試してから買えた方が安心できます。

 

クッションの選び方

最近、腰痛改善グッズとして、腰痛を改善する効果が期待できるクッションが注目を集めています。では、腰痛を改善するには、どのようなクッションを選べばいいのか、選び方と選ぶ基準についてご紹介いたします。まず、腰痛の主な原因は姿勢の悪さです。姿勢が悪いと、血行不良になり腰へスムーズに血液が流れなくなります。血液には、酸素を運ぶ役割があり、酸素が不足してしまうことで、腰痛を引き起こすプロスタグランジンというホルモンが分泌されてしまいます。このようなことから、腰痛改善グッズとしてクッションを選ぶなら、「正しい姿勢を保つことができるクッション」を選ぶことがおすすめです。

 

正しい姿勢を保つことができるクッションとしては、椅子の背もたれに置くタイプのクッションと、椅子の上に座布団として置くクッションの2種類があります。背もたれに置くタイプのクッションなら、腰だけでなく、背中やヒップを支えてくれるクッションを選ぶことがおすすめです。背中全体を支えることで、腰にかかる負担が減るため、腰痛改善に繋がります。また、腰と背もたれのあいだに入れて、背筋を伸ばすことができるクッションもおすすめです。自然と正しい姿勢を保つようなクセを付けることができるようになります。

 

また、座布団のように使うタイプのクッションの場合は、体重を分散して骨盤への負担を減らすクッションや、角度を付けて自然と正しい姿勢になるようなクッションを選ぶことがおすすめです。どのタイプのクッションを選ぶにしても、柔らかいもの、腰への負担を減らせるものを選ぶようにしましょう。腰痛改善グッズとして販売されているクッションは、いろいろなタイプがあるため、人によって合う合わないがあります。ぜひ、自分にぴったりのクッションを見つけて、腰痛改善グッズとして活用してみてください。

おすすめの記事