値段と使い心地のバランス

さまざまな腰痛改善グッズがある中からクッションやコルセットを使っても、どうにも腰の痛みが緩和されないというときは、さらに踏み込んだ腰痛改善グッズを求めます。その踏み込んだ先にあるのが低周波治療器や、マッサージ機ではないでしょうか。低周波治療器にも性能や値段にばらつきがありますし、マッサージ機となると家電製品を作っている会社だけでなく、医療機器メーカーが作る本格的なものもあります。

 

医療機器メーカーが作るマッサージ機となると、時には整形外科でリハビリのために使われていることもあるくらいです。そのため、低周波治療器に比べるとマッサージ機は値段の幅がより大きく、選択がむずかしいという面があるといえます。その代り、家電量販店やマッサージ機を取り扱う専門店に行けば、必ずその場で試すことができるデモ機が置かれていることでしょう。

 

性能の良いものになればなるほど、腰痛の程度によって強弱をつけられるようになっていたり、もむ、叩く、ローリングなどのさまざまな機能が付いて腰の痛みをほぐしてくれます。実際にマッサージ機に乗ってみるとわかりますが、これは痛いと感じるものもあれば、ソフトでいい感じにコリをほぐしてくれるというものもあります。マッサージ機は高価な腰痛改善グッズですので、慎重に吟味をして選ぶことが大事です。低周波治療器に関しては、試せるようにしてくれている店はそれほど多くありませんので、口コミなどを探して腰痛改善グッズとして人気があるかを判断基準にするといいかもしれません。

仕組みやポイント

腰痛改善グッズというのは、手術などをしなくても腰痛を緩和させてくれるため、非常に人気です。特に低周波治療器は腰痛改善グッズの中でも人気となっています。なぜ、人気なのかというと他の腰痛改善グッズと違って、電気を流すことで筋肉に刺激を与えます。その結果、腰痛を緩和させるので慢性的な腰痛に効果あるので、他の腰痛改善グッズとは少し違い人気です。そもそも、低周波治療器の仕組みというのは、一瞬だけ電流が流れて止まっての繰り返しをするものです。導子と呼ばれる電極を体につけて、電流を流します。電流を流して止めることを繰り返すと筋肉が収縮してゆるんでを繰り返すのでマッサージを受けているような感覚になります。この動きは血流を良くする効果もあり、疲れやコリをほぐす効果もあります。基本的に早急に痛みをとりたいという人には非常に効果的で、日常生活の改善につながります。

 

また、家庭用の低周波治療器を選ぶ時のポイントとしては、周波数を必ず確認してください。周波数をによって血行促進効果があるもの、鎮痛効果があるものなど様々です。次にきちんと腰に対応しているものなのかどうかという点です。低周波治療器の中には肩だけだったり足だけにしか対応していないものもあるので、よく注意して選ぶようにしてください。最後にしっかりと強さを調節できるかどうかという点も重要です。少しピリピリする位が効果があると考えられているのであまりにも弱かったり、逆に強すぎるようなものは避けてください。

おすすめの記事